マムシ(蝮)に噛まれた場合と危険性 - ムカデやマムシのに咬まれた時の処置方法

マムシ(蝮)に噛まれた場合と危険性

*マムシ

日本でも最も恐れられとる毒蛇といえば、

日本全土に生息しとるといっても過言ではおまへんマムシや。

滅多に見かけへん地方から、よく見かける地方まで日本全土

といっても色々やけど、日本人の認知度が高い毒蛇といったら

やはりマムシではおまへんでっしゃろか?

せやけど、命すら奪いかねない毒蛇として恐れられとる

マムシではあるんやが、実際のトコはマムシの毒の恐

程度なんやろか?

*マムシの毒と失命の危険性

イメージ的にマムシに噛まれると命が助かる確率が低いと

思いがちやけど実はそないなことはおまへん。

生命の危機に瀕するのは、マムシに噛まれてから6時間以上

経過した上で、なおも安静にしておらず、

さらに病院にもいっておらへん方の場合や。

万が一マムシに噛まれても、安静にした状態で

6時間以内に病院に付くことができれば、

命を落とす可能性はほとんどおまへん。

下手な応急処置をして病院に行くのが遅れるくらいならば、

応急処置をせんと病院に直行した方が安全や。

特に民間療法的な応急処置は間違いが多いため、

ばい菌まで傷口から入ってしまい、悪化させてしまう恐れもあるんや。

やので、マムシに噛まれたら、応急処置よりも何よりも

病院へ向かうちうことを頭においておくんなはれ。

*病院でのマムシの毒への対処法

病院ではどういった治療を行ってマムシの毒によって

命を落とすことを防ぐのかちうと、血清と呼ばれる

マムシの毒を中和する薬で治療しまんねん。

せやけど、血清は難しく解説すると薬ではなく、

毒から作られたもので、血清はマムシだけの特効薬ではおまへん。

やので、マムシの毒を中和する血清では、その他の毒をもったヘビの

毒やハチの毒を中和することはできまへん。

ちうのも、血清とは、ある動物の体内に病原菌や毒を注入し、

毒や病原体が入った体はその毒に対抗すべく

その毒やらなんやらにあった抗体を作るんや。

それを人間が精製して使うのや。

そのため、その毒によって抗体がちゃうので、

血清も違ってきまんねん。そのため、マムシに噛まれたと思ったら、

実はハブやったために、命を落としてしまうちう場合もあるんや。

もちろん、その逆も然りや。やので、マムシかハブかなんやら

毒蛇の種類が分からへん場合には、自分を噛んだヘビの写真を撮るか、

現物を持っていくのが一番ええとされていまんねん。

やけど噛んだ蛇を持っていかなくとも大体の姿を覚えていれば、

問題おまへんので、噛まれたからといって、無理に捕まえようとはせんでおくんなはれ。

マムシの血清でアナフィラキシーショック

マムシに噛まれたからといって血清を使えば必ず命が助かるちうわけではおまへん。

もちろん、助かる確率は99%といっても過言ではおまへん。

血清を使って命を落とす可能性は実際のトコ5%と言われていまんねん。

スズメバチに刺されて命を落とす方の大半は、

初めて刺された人ではなく、二度目に刺された方が多いといわれていまんねん。

命を落とす理由は、アナフィラキシーショックと呼ばれる

急性アレルギー反応が体内で起こるからや。

因みに、食物アレルギーと薬物アレルギーもこのアナフィラキシーショックや。

血清を使って命を落とす可能性の原因は、このアナフィラキシーショックによるもので、

アナフィラキシーショックが起こる確率は、かなり低確率なものの、ゼロではおまへん。

せやけど、血清を使って一命をとりとめた人は数ようけいまんねん。

書いておいてなんやけど、気にせんと血清を使ってマムシの毒を中和した方が賢明や。

また、素人が血清を使ってマムシの毒を中和しようとはせんでおくんなはれ。

アナフィラキシーショックが起きてしまう可能性があがるんや。



*マムシに噛まれへん方法

マムシに噛まれへん方法は、ある意味ないといってもええでっしゃろ。

やけど、人間がしっかりとマムシに対して警戒し、

むやみに刺激さえせな、マムシは噛み付いてくることはおまへんから、

マムシに噛まれへん方法になるんや。

きのこ狩り、山菜取りやらなんやらで山に入って行って

マムシやらなんやらに噛まれる方が多いのやが、

その時に一番気をつけるのは、足元ときのこの近くや。

きのこの近くにマムシがいて、手の伸ばしたトコを噛まれた

ちうこともあるんや。やので、マムシの発見例が

多い場所での山菜取りやきのこ狩りは、

常に身の回りを用心しながら行っておくんなはれ。

また、ゴルフの最中のラフや林のなかも注意が必要や。

*マムシの毒の力

マムシの持つ毒は、あまり強くおまへん。

怖いイメージはあるんやが、年間に3000人噛まれていても

実際に命を落としてしまうのは、10人にも満たないんや。

マムシが持っとる毒は、出血毒と呼ばれる毒で、

ハブも同じ毒を持っていまんねん。やけど、マムシの方がハブよりも毒性が強いんや。

やけど、ハブの方がいっぺんに人間の体内に送り込む毒の量が多いので、

ハブの方が危険とされていまんねん。

せやけど、マムシ、ハブの毒で緊迫するような命の危険に

陥ることはおまへんが、歌にもなっとるガラガラヘビに

噛まれたら人生の終わりといっても過言ではおまへん。

出血毒をもつヘビで最も恐れられとるのはガラガラヘビや。

ほんまに怖いヘビや。せやけど、それを上回って恐ろしいのはコブラの毒や。

コブラの毒は神経毒と呼ばれ、神経に直接効果ももたらすため、

毒の回りも早く、命を救うためには早急な対応が必須となってきまんねん。

では、マムシが持つ出血毒はどのような効果を持つかちうと、

まず末梢血管系に作用して異常をきたしまんねん。

その異常によって血液の主成分である赤血球を血管の外に

追い出してしまう効果を持ち、その効果によりじわりじわりと

人間の体内の各組織を徐々にカンペキに破壊していきまんねん。

せやけど、何度も言うようやけど6時間以内に病院で

血清を使って治療を行えば、命を落とすことはおまへん。

*マムシよりも危険なヤマカガシ(山楝蛇)

マムシよりも気をつけて欲しいヘビがヤマカガシちうヘビや。

このヤマカガシの毒はハブの10倍の力を持つといわれていまんねん。

あまり出会うことはないとええまっけど、

ヤマカガシに深く噛まれたら相当危険や。

マムシのときよりも早急な対応が求められまんねん。

ヤマカガシの持つ毒は、ヤマカガシ固有の毒で血液凝固阻害毒といいまんねん。

マムシの持つ出血毒とも、コブラの持つ神経毒ともちゃう毒で、

危険性も高いんや。もし、ヤマカガシの毒が目に入った場合には、

失明の恐れもあることを覚えておいておくんなはれ。

また、マムシ、ハブに噛まれた場合には酷い激痛に襲われまっけど、

ヤマカガシの場合にはマムシやハブほどの激しい傷みや腫れは起こらへんのが特徴や。

もし、ハブに噛まれてもあまり痛くなかった場合には

ヤマカガシに噛まれた可能性があると考えてもええかと思うで。

せやけど、ヤマカガシは大人しいヘビやので、

こっちから刺激せな噛みつくことはおまへん。

また、ヤマカガシは驚くと死んだフリをするので、

死んでいるように見えるヘビには触れへんことが賢明や。


タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事に関連する記事



このエントリーをはてなブックマークに追加 


Copyright © ムカデやマムシのに咬まれた時の処置方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます