殺虫剤について - ムカデやマムシのに咬まれた時の処置方法

殺虫剤について

殺虫剤

家の中に出る、蝿・蚊・蜘蛛・ゴキブリ、外に出る、蟻・毛虫・蜂・アブ・ブヨやらなんやら、いろいろな害虫がいまんねん。その害虫から、身を守るため、植物を守るため、ペットを守るためやらなんやらに、利用しとるのが、殺虫剤や。
せやけどダンさん、現在は、自然環境によくないものもあるちうことで、見直しがされとるようや。
殺虫剤とは?

殺虫剤(さっちゅうざい)とは、人間や農作物にとって有害な昆虫や害虫を駆除するために使用される薬剤のことや。それぞれの害虫に対応した殺虫剤を利用せななりまへん。そのため、種類も豊富や。
殺虫剤の種類

殺虫剤は、大きく分けると、「有機リン系」・「ピレスロイド系」・「カーバメイト系」・「有機塩素系」・「昆虫生育抑制剤」にそれぞれ分類されまんねん。
*有機リン系

ジクロルボス(DDVP)・テメホス(アベイト)・ピリダフェンチオン(オフナック)・トリクロルホン(ディプテレックス)・フェニトロチオン(スミチオン)・フェンチオン(バイテックス)・プロチオホス(トヨチオン)・プロペンタホス(サフロチン)・クロロピリホスメチル(ザーテル)やらなんやら、蚊の成虫・幼虫・ゴキブリ・蝿・水中の蚊・アブ・ブヨやらなんやらに、残効性が強く速効性も高い殺虫剤や。
*ピレスロイド系

アレスリン(ピナミン)・エトフェンプロックス(レナトップ)・ジョチュウギクエキス(除虫菊エキス)・dl・d-T80アレスリン(ピナミンフォルテ)・d-T80レスメトリン(クリスロンフォルテ)・フェノトリン(スミスリン)・フタルスリン(ネオピナミン)・ペルメトリン(エクスミン)・レスメトリン(クリスロン)やらなんやら、速効性があり、ゴキブリ・蝿・蚊やらなんやらに効果的や。蚊取線香やエアゾール・マットやらなんやらの家庭用殺虫剤やらなんやらにもよく利用されとる殺虫剤や。
*カーバメイト系

プロポクスル(バイゴン)は、医薬品殺虫剤として承認されとる唯一の殺虫剤。
*有機塩素系

オルトジクロロベンゼン(オルソジクロルベンゼン)で、ハエウジに対して効果的な殺虫剤や。
*昆虫生育抑制剤

ジフルベンスロン(デミリン)・ピリプロキシフェン(スミラブ)・メトプレン(アルトシッド)やらなんやら、羽化阻害効果があり、蝿や蚊に効果的な殺虫剤や。
殺虫剤の危険性

殺虫剤は、原薬のまんま使用することはなく、使用目的に合わせて、共力剤・乳化剤・展着剤・溶剤やらなんやらを加えていまんねん。形もさまざまであり、いろいろな製剤に加工して使用しまんねん。そのため、人間には安全になっておるけどダンさん、環境にええちうわけではおまへん。

米国では1996年の食品品質保護法ができてから、発達中のお子さんを守るために有機リン系殺虫剤や農薬やらなんやらといった薬の全面的な見直しを進めていまんねん。

天然の殺虫剤

環境保護のために、きょうびでは、人体や動物やらなんやらにも影響がない天然の殺虫剤がいろいろなトコで利用されていまんねん。その中でも、意外と簡単にできるものが、ハーブを使った天然殺虫剤や。

それぞれ、目的に合うハーブオイルを肌につけたり、部屋の中に置くことで、虫の発生を減少させるちうワケや。さらに、ペットにつくダニやノミやらなんやらにも効果があるんや。さらに、自宅の外や家の中で、このような効果のあるハーブを植えることによって、虫の発生を抑えることもできるちうワケや。一般的な虫除けとして利用されとるのが、ペパーミント・セージ・レモン・オニサルビア、ノミ、ダニ、蚊、ぶよやらなんやらに効果的なのが、シトロネラ・ユーカリ・ペニーロイヤル・ローズマリー・ルー・ワームウッド。強力ではおまへんけれど、虫除けにもなるのが、バジル・ベイ・ラベンダー・セージ・タイム。この他、木酢液や竹酢液を利用して、害虫を駆除できるものもあるんや。

効果的で、強力やとはいえまへんが、殺虫剤をあまり使用せんためには、こういったものを利用するほうが、健康的で、安全かもしれまへんね。使用上の目的、保管方法やらなんやら、しっかり守って、利用していきまひょ。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事に関連する記事



このエントリーをはてなブックマークに追加 


Copyright © ムカデやマムシのに咬まれた時の処置方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます