蚊の生態と最新の蚊のたたき方 - ムカデやマムシのに咬まれた時の処置方法

蚊の生態と最新の蚊のたたき方

蚊がなぜ血を吸うのかというと、一般的に、蚊の成虫は活動エネルギーを

花蜜や植物の汁液に含まれる糖から接種していますが、

雌の成虫は卵発育のため、高タンパクな動物の血液をも必要とします。

各種蚊が栄養供給源としてどの動物を嗜好するかは種により様々で、

例えば、普通は哺乳類、鳥類両方から吸血する種が多いのですが、

哺乳類だけを吸血するもの、鳥類だけを吸血するもの、

両生類だけを好む種もいます。一方で、雌でありながら吸血を

必要としない性格(無吸血産卵性)のものもいます。

蚊はどうやって人間が近くにいることを知るのか御存知でしょうか?

一般的には呼吸によって排出される二酸化炭素がよく知られているが、

それだけではないのだ。

例えば、筋肉で糖からつくられ汗とともに皮膚表面に

分泌されるLー乳酸という物質があり、

この分泌量が蚊に刺されやすいかどうかの個人差の一因となっている。 

また赤血球に含まれる5'-アデニル酸やアデノシン3リン酸という物質は、

蚊の吸血を刺激するらしい。 

あるいは、特に女性の場合、ホルモンの分泌周期なども関係してくるらしい。

もっと面白い実験結果に、血液型による刺されやすさというのがある。

A、B、O、ABの血液型のうち、O型の人が最も蚊に好まれるという結果が報告されている。

蚊をたたいて気絶させてとる方法が最新の蚊のたたき方

やり方は簡単。手の平でかるく空洞をつくり(おにぎりを握るときの手の形)、

その手で蚊を素早く叩きます。叩き潰すのではなく、覆うような感じです。

すると、その風圧(気圧?)で蚊が気絶します。

そのすきに素早くティッシュなどでつまんでつぶして捨てます。

この際のポイントは素早く摘まんで退治すること。

気絶から醒めるのは結構早いです。

このたたき方?なら血や蚊の体液で衣服や壁を汚さずにすみます。

| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事に関連する記事



このエントリーをはてなブックマークに追加 


Copyright © ムカデやマムシのに咬まれた時の処置方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます