カメムシ被害 - ムカデやマムシのに咬まれた時の処置方法

カメムシ被害

カメムシは日本全国で約800種があり、その多くは危険を感じると

悪臭のある分泌物を出すことで知られています。

この分泌物は外敵の撃退するためや、仲間へ警戒を知らせる

一種のフェロモンとして作用しているといわれます。

また、カメムシは、殺虫剤などを浴びてから死ぬまで

くさいニオイを出し続けます。

近年、住宅開発・観光開発などで人間が草原や山林に進出するにつれて、

不快害虫として被害増えています。

特にマルカメムシは晩秋になると、屋根裏や外壁、

洗濯物に越冬のために集団で集まる。

その際、家屋内に侵入し悪臭を放つため問題となる。

そのような箇所に忌避剤や殺虫剤を処理しておくと効果が得られる。

しかし、実際は全ての箇所への処理は困難であるため侵入されることとなる。

その際、殺虫剤によって駆除するのもいいが、

危険を感じると悪臭を放つため刺激しないようにそっと逃がしてやるのもよいでしょう。

カメムシによる屋外の洗濯物への被害防止

カメムシによる屋外の洗濯物への被害を防ぐには

農業用の虫除け網を干した洗濯物全体に掛けるのが効果的でしょう。

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事に関連する記事



このエントリーをはてなブックマークに追加 


Copyright © ムカデやマムシのに咬まれた時の処置方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます