ムカデにかまれた場合の処置(ペットがムカデにかまれたら) - ムカデやマムシのに咬まれた時の処置方法

ムカデにかまれた場合の処置(ペットがムカデにかまれたら)

もしも、ムカデにかまれたら、まずは患部をよく観察し、

ムカデの牙のような物が刺さったままになっていないかを見てください。

牙が残ったままになっている場合は、丁寧に牙を抜き取りましょう。

次に43℃以上で47℃位まで(やけどしないように注意)の

シャワーを患部にかけて傷口を洗浄しつつ温めましょう。

(シャワーがない場合はレンジで温めた蒸しタオルや温めた保冷ジェルなど)

さらに、石けん又はシャンプーで患部を洗浄します。

(最適な湯の温度は43℃〜46℃といわれています)

以前は患部を水で洗浄し冷やしておくように言われていましたが、

実際はその逆の方が良いのです。

また、抗ヒスタミン剤を患部に塗るよりも患部を温める方が、

おそらくは早く治癒すると思います。

では、なぜムカデにかまれた時に患部を温めた方が良いのかというと、

ムカデはハチのように毒を患部に注入する訳ではなく、

患部の皮膚表面に毒を噴き付けるようにして(塗り薬を塗るイメージ)

浸透させると言われているためです。

さらに牙状の鋭い触手で患部を傷つけ毒が浸透しやすいようにしています。

このため患部を温めムカデのタンパク質性の毒素を

高温で熱変化させて毒素をなくし、さらに石けん等で

患部の毒素を洗い落とすことで痛みや腫れを防止する効果が

期待できるといわれています。

またこの方法はペットがムカデにかまれた場合にも有効です。

ちなみに、私の妻もこの方法で比較的軽症で済みました。

また、この患部を温める方法は蚊に刺された場合にも有効です。

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事に関連する記事



このエントリーをはてなブックマークに追加 


Copyright © ムカデやマムシのに咬まれた時の処置方法 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます